日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 循環器最新情報> 月刊心臓 > 「心臓」投稿規定

循環器最新情報 日本心臓財団は医療に携わる皆様に実地診療に役立つ循環器最新情報を配信しています。是非お役立てください。

「心臓」投稿規定

日本心臓財団発行「心臓」に,ぜひ論文をご投稿ください. 本誌は,心臓・脈管・血液循環に関する基礎および臨床の論文を中心に編集されています. ご自身のテーマで,オリジナリティに富み他誌に投稿されていない論文です. 採用となった論文は「HEART’s Original」として本誌に掲載されます. なお,本誌では原則として電子メールでの投稿をお願いしております. 下記要項をご参照の上,ご協力をお願いします.

§執筆要項

「心臓」では以下の研究報告につき,ご投稿をお待ちしております.

*基礎研究:本文8,000字程度(図表含む)
*臨床研究:本文8,000字程度(図表含む)
*症  例:本文6,000字程度(図表含む)
  *図表は1枚400字として換算
  *引用文献も上記枚数内に含む

1)書式
  原稿はワープロソフトを用い,書式はA4サイズ・横書き1段組みとします.

●原稿の1枚目には必ず以下の事項を記載してください.
1.論文タイトル(和英併記)
2.著者名(12名まで,和英併記)
3.著者所属(和英併記)
4.キーワード(5つ以内)
5.Abstract(600字以内の和文抄録)
6.ランニングタイトル(25字以内,和文)
7.連絡先(名前・所属・住所・TEL・FAX・E-mailなど)
8.責任著者(名前・所属・所属先の住所)

2)本文・図・表の表記
  本文・図・表は原則として和文とし,やむを得ない場合以外は外国語を用いないものとします.また,日本語化した外国語はカタカナで書き,人名・地名・薬品名は原語を用いてください.外国語(病名・一般薬品名など)の頭文字は,固有名詞および文頭の場合を除き,すべて小文字としてください.

3)略語の表記・医学用語の使用
  原則的には略語を用いず,やむを得ず使用する場合は,その初出箇所で内容を明記してください.医学用語は,日本医学会編医学用語辞典,循環器学用語集に準じてください.

4)文献
  文献は引用順とし,例に準じて記載してください.著者,共著者については4名までは全員を記載し,5名以上は3名までを記載し,「ほか」または「et al」としてください.ページ数は最初と最後のページを記載してください.

〔例〕
英文雑誌:1)
Humpl T, Soderberg B, McCrindle BW, et al : Percutaneous balloon valvotomy in pulmonary atresia with intact ventricular septum : impact on patient care. Circulation 2003 ; 108 : 826-832

和文雑誌:2)
足立和正,河田正仁,松浦 効,ほか:急性冠症候群に対する血栓吸引療法.心臓 2004;36:571-575

英文書籍:3)
Walsh EP, Saul JP, Triedman JK : Cardiac Arrhythmias in Children and Young Adults with Congenital Heart Disease. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2001. p.3-17

和文書籍:4)
上松瀬勝男・編:虚血性心疾患診療のコツと落とし穴.東京:中山書店;2003.p.143-151

5)引用転載について
  他の文献から文章・図・表などを引用転載される場合には,前もって著作権者の了解を得てください.著作権者との交渉は,投稿者の責任においてお願いします.

6)倫理性への配慮ならびに個人情報保護
  研究内容は必ず,倫理性に配慮されたものにしてください.また,検査結果など患者情報の記載がある内容については,患者の個人情報保護に十分配慮し執筆してください.

7)著作権について
掲載された論文等の著作権は公益財団法人日本心臓財団に帰属するものとします。

電子メールによるご投稿にあたっての注意

1)原稿作成ソフト
  WindowsのMS Word(.doc)を推奨しています.その他のワープロソフトを使う場合には,テキスト形式(.txt)で保存したデータを添付してください.

2)図表作成ソフト
  MS Power Point(.ppt)を推奨しています.また,JPEG形式(.jpg)で保存したデータを添付いただいても結構です.
*( )はデータの拡張子を表す

§査読・校正要領

1)採否の決定
  論文の採否は,2名の査読者による査読を経た上で,編集委員会で決定させていただきます.

2)査読結果通知・再投稿要項
  査読結果はメールにてお知らせいたします.論文に直接査読者が手を入れる場合がありますが,変更箇所がわかるよう明示したものをお送りします.
再投稿されるにあたっては,原則4週間以内にご投稿ください.その際,修正箇所にアンダーラインを引く,赤字にするなど,どのように修正したのかわかりやすく明示してください.また,査読者に対しては別紙をご用意いただき,修正・削除・加筆個所の説明および査読者から質問などがあった場合にはそれに対する返答を記載してください.なお,査読結果をお知らせしてから3カ月を経過しても再投稿またはご連絡がなかった場合は,不採用とさせていただきます.

3)校正要項
  採用決定後,レイアウトした校正用紙をメールで送信いたしますので,著者校正をしていただきます.なお,著者校正後,編集委員会の責任により修正することもあります.

4)カラー図版の掲載
  カラーの図版や写真は,ご希望により掲載いたします.ただし,製版・印刷にかかる費用は掲載時に実費請求させていただきます.

§掲載誌・別刷提供部数

 掲載は無料です.掲載にあたっては,筆頭著者に掲載誌2部を贈呈します.別刷をご希望の場合は,50部単位で実費作成いたしますので,著者校正の際にご注文ください.

§投稿原稿の送り先

株式会社日本医学出版「心臓」編集部
〒113-0033
東京都文京区本郷3-18-11 TYビル5階
TEL: 03-5800-2350 / FAX: 03-5800-2351
E-mail:shinzo-ho@jmps.co.jp
担当:渡部新太郎

●投稿前のご確認●

ご投稿の前に,以下の必要事項が記載されているか,再度ご確認のうえ,ご投稿下さい.

□論文タイトル(和英併記)
□著者名(12名まで,和英併記)
□著者所属(和英併記)
□キーワード(5つ以内)
□Abstract(600字以内の和文抄録)
□ランニングタイトル(25字以内,和文)
□著者校正の連絡先(名前,所属,住所,TEL,FAX,E-mailなど)

□責任著者(名前,所属,所属先の住所)
ご不明な点がございましたら,お気軽に「心臓」編集室までお問い合わせください.
先生のご投稿をお待ちしております.

教室(医局)・病院(医院)賛助会員 ご加入のお願い

「心臓」特別号「弁膜症 大動脈弁狭窄と逆流」

「心臓」特別号「弁膜症 僧帽弁狭窄と逆流」

YouTube 日本心臓財団チャンネルにリンクします

ご寄付のお願い