日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 日本心臓財団刊行物 > 月刊心臓 > 「心臓」賞 受賞者

月刊心臓

「心臓」賞 受賞者

2017年「心臓」賞 受賞者

「心臓」賞は、1年間に「心臓」誌に投稿された論文の中から優秀な論文を表彰するもので、2012年に創設され、今回が第6回目となります。
2017年(第49巻第1~12号)に掲載された96編の投稿論文の中から、下記の3論文が受賞されました。
最優秀賞

渡部 智紀 Tomonari Watanabe
(自治医科大学内科学講座 循環器内科学部門)

対象論文
Brugada症候群における飲酒と心室性不整脈の関連性
Alcohol drinking was associated with arrhythmic events in Brugada syndrome
(心臓 2017;49(2):103-109)

優秀賞

島村 元章 Motoaki Shimamura
(東京警察病院 循環器科)

対象論文
徐脈性不整脈の家族歴を有しSCN5Aに変異を認めた若年者心房静止の1例
A cardiac sodium channel (SCN5A) mutation identified in atrial standstill with familial history of bradyarrhythmia
(心臓 2017;49(4):376-381)

優秀賞

小丸 達也 Tatsuya Komaru
(東北労災病院 循環器内科)

対象論文
冠疾患患者における慢性閉塞性肺疾患併存と急性冠症候群発症
Association of coexistent clinical diagnosis of chronic obstructive pulmonary disease and the occurrence of acute coronary syndrome in patients with coronary artery disease
(心臓 2017;49(7):665-671)

教室(医局)・病院(医院)賛助会員 ご加入のお願い

「心臓」特別号「弁膜症 大動脈弁狭窄と逆流」

「心臓」特別号「弁膜症 僧帽弁狭窄と逆流」

YouTube 日本心臓財団チャンネルにリンクします

ご寄付のお願い