日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 高血圧・低血圧とは

疾患別解説

高血圧・低血圧 とは

血圧とは、心臓から全身に送り出される血液が、血管(動脈)の内側に与える圧力のことです。血圧には上の血圧(最高血圧、収縮期血圧)と下の血圧(最低血圧、拡張期血圧)があります。 上の血圧は、血液を全身に送り出すポンプの役割をもつ心臓が、ぎゅっと収縮して大動脈に血液を送り出し、大動脈がぐっと膨らむ一番高いときの血圧です。 下の血圧は、心臓が拡張しているとき血圧です。心臓の収縮が終わり弁が閉じると、膨らんだ大動脈がもとに戻ろうと末梢血管に血液を送ります。このとき末梢血管の抵抗が大きいと、下の血圧が高くなります。 高血圧と診断され、降圧薬などによる治療が必要になるのは、病院の診察室で測った血圧値が上の血圧が140mm Hg、または下の血圧が90 mm Hg以上の場合です。 家庭では診察室よりリラックスしているため、家庭血圧計の場合の高血圧の基準値は、上の血圧が135mm Hg、または下の血圧が85 mm Hg以上です。 高血圧は自覚症状がなく進行し、心臓病や脳卒中の引き金になるため、サイレントキラー(沈黙の殺人者)といわれています。   低血圧は血圧が低いことをいいますが、治療の基準はなく、症状がある場合に治療の対象となります。

 

よくあるご相談と回答

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い