日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 不整脈 > WPW症候群とは

疾患別解説

WPW症候群 とは

 正常の心臓では、興奮は刺激伝導系と呼ばれる1本の電線を通って心房から心室へと伝わって行きます。心房と心室はこの刺激伝導系以外の部分では絶縁された状態になっています。ところがWPW症候群では、先天的に、心房と心室の間に刺激伝導系のほかに興奮が通る通路(副伝導路)、道路に例えればバイパスのような組織があります。心電図上は特徴的な所見がありますが、ふだんはまったく無症状です。しかし、この副伝導路を通って興奮が高速で勝手に心室に伝わってしまい、極端な頻脈性不整脈を起こすことがあります。
 WPWは、3人の研究者(ウルフ・パーキンソン・ホワイト)の名前の頭文字から取っています。
 発作が頻繁に起こる場合には、末梢の血管から細いカテーテルを心臓内に挿入し、副伝導路部分に高周波電流を通電して焼き切る治療(アブレーション)が行われます。

image_008.jpgWPW症候群の心電図

よくあるご相談と回答

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い