日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 不整脈 > 頻拍(上室頻拍、心室頻拍)、アブレーション治療とは

疾患別解説

頻拍(上室頻拍、心室頻拍)、アブレーション治療 とは

 頻脈性不整脈の中で心房(上室)の期外収縮をきっかけに始まる上室頻拍があります。突然に始まって突然に止まる動悸の発作で脈拍は150~200/分、脈としてほとんど数えられないほどになります。自然に止まらないときは薬で止めることが必要となります。WPW症候群に見られる頻拍発作の多くはこの上室頻拍によるものです。一方、心室から始まる頻拍発作は心室頻拍と呼ばれます。上室頻拍よりもっと重篤で、心室から血液を十分に送り出すことができなくなるために血圧も下がり、致命的な心室細動に移行する恐れがありますので、大至急頻拍を停止させる必要があります(持続性心室頻拍の図)。
 心室頻拍の特殊な形として、「トルサード・ド・ポアンツ」と呼ばれるものがあります。フランス語の論文として最初に報告されたことから世界的にフランス語の名前が使われていますが、トルサードは「ねじれている」という意味、ポアンツは「尖端」という意味で、心電図上、尖った部分が刻々と変化し、基線を中心にしてだんだんねじれていくように見えることから名付けられました。しばしば心電図のQT時間が延長している例で発生し、突然死を起こすこともある重症不整脈です。最近、さまざまな薬剤の副作用として発生するという報告が相次ぎ、広く注意が喚起されています。(トルサード・ド・ポアンツの図)
 いろいろな頻脈性不整脈に対して、不整脈の発生源を高周波で焼くカテーテル焼灼術が近年、急速に発達してきています。上室性頻拍や心房粗動の多くはこの方法で根絶することができるようになりましたが、心室頻拍にはその効果を期待できないものもあり、薬剤や手術などさまざまな治療法が用いられます。
image_004.jpg

よくあるご相談と回答

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い