日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 不整脈 > 期外収縮とは

疾患別解説

期外収縮 とは

 "胸が一瞬ドキッとする"、"脈が飛ぶ"、"脈が3つに一つ飛ぶ"といったことは大抵の人が過去に少なくとも一度は感じたことがあるだろうと思います。これは期外収縮といわれる不整脈です。本来規則的に打っているはずの心臓の拍動が一拍だけ早く打つことによってその拍動が脈として感じられなくなり、脈の途切れを感じたり、途切れた後の拍動を強く感じて"ドキッとする"ことになります。このような期外収縮は心臓に病気を持つ人だけではなく、病気を持たない健康な人でも起こるもので、不整脈を訴える人の9割までがこの期外収縮によるものだといっても過言ではありません。

よくあるご相談と回答

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い