日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 循環器最新情報

循環器最新情報 日本心臓財団は医療に携わる皆様に実地診療に役立つ循環器最新情報を配信しています。是非お役立てください。

循環器病の診療に関するガイドライン・エッセンス

日本循環器学会・その他学会のガイドラインを参考に日本心臓財団が作成しております。
本ガイドライン・エッセンスの要旨は日本循環器学会・その他の学会作成のガイドライン等を参考に日本心臓財団にて要約解説したものです。詳細な情報・転載許諾等はガイドライン末尾の出典論文を参照、または当該学会にお問い合わせください。

参考ページ

「心臓」特別号「弁膜症 大動脈弁狭窄と逆流」

監修:小室 一成(東京大学医学部附属病院 循環器内科)
企画・編集:大門 雅夫(東京大学医学部附属病院 検査部・循環器内科)

本サイトは、雑誌「心臓」特別号「弁膜症 大動脈弁狭窄と逆流」と連動した動画サイトです。
誌面では確認できない心エコーの動画を見ることで、本誌の内容が一段とわかりやすくなる仕組みになっています。
ぜひ本誌を片手に、心エコーの実際の変化をご確認ください。
(本誌誌面には対応するURLとQRコードが記載されています)

*本誌および本サイトは、エドワーズライフサイエンス基金助成プログラム「Every Heartbeat Matters」により制作されています。
*本誌は非売品で、雑誌「心臓」定期購読者および病院・教室賛助会員に配布されています。ご希望の方は、「心臓」編集部にお問い合せください。
*無断転載は禁止です。

問い合わせ:日本心臓財団事務局

詳しくはこちらをご覧ください

循環器病治療の最新情報2016 

第64回日本心臓病学会学術集会特別プログラム「山口徹と学ぶ循環器病の最近の治療」の講演内容を詳細にレポートしました。

詳しくはこちらをご覧ください

診療のヒント100~メッセージはひとつだけ~

循環器領域における実地診療で疑問に思う事、知りたいと思う事を100題、ピックアップして、専門医にわかりやすい回答と、その専門医の経験と哲学に基づくプラクティカルなメッセージを掲げました。診療の合間に、知識の集積に、ぜひお役立てください。

詳しくはこちらをご覧ください

実地診療のためのデータベース
月刊心臓

1969年に創刊され、1984年からは日本心臓財団責任編集となった「心臓」は、多くの熱意ある先生方に支えられ、学術的にも高い評価を得てきました。

詳細・バックナンバーはこちら

ラジオセミナー 心臓財団「虚血性心疾患セミナー」

「虚血性心疾患セミナー」は、2016年3月29日の放送をもちまして最終回となりました。これまでの放送分につきましては、ラジオNIKKEIの番組サイトからオンデマンド放送をお聴きいただけます。

過去のタイムテーブルはこちらをご覧ください

お役立ち情報

医療従事者の皆様に役立つ情報・他団体と共同事業のコンテンツなどをご案内いたします。是非実地診療にお役立てください。

生活習慣病改善プログラム
日本循環器病予防セミナーeラーニング

ご寄付のお願い