日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第7回日本心臓財団メディアワークショップ「新しい循環器医療機器の臨床導入をめぐる問題点」

メディアワークショップ

第7回日本心臓財団メディアワークショップ「新しい循環器医療機器の臨床導入をめぐる問題点」

挨拶の冒頭、杉本恒明氏は、今回のテーマが企画された背景について紹介した。それによると、前回のメディアワークショップで、医療機器の市場化あるいは導入の難しさに関する質問が出され、それらの事情を知りたいという声が上がった。そこで、虎の門病院院長の山口徹氏、独立行政法人国立病院機構理事長の矢崎義雄氏、慶應義塾大学医学部内科学教授の小川聡氏の心臓財団役員3氏により、今回のテーマ「新しい循環器医療機器の臨床...

……続きを読む

医用工学(ME)の進歩が目覚ましい現在、循環器領域においては、新しい医療機器が生命維持の根幹として非常に大きな役割を果たしている。一方、これら医療機器の日本への臨床導入は、欧米に比べ遅れを取っているのが現状である。本講演で笠貫宏氏は、日本の保険制度の実情や欧米との格差を踏まえながら、ペースメーカーを中心とした生命維持装置の臨床導入をめぐる問題点について解説した。   世界における...

……続きを読む

温熱療法は心不全などさまざまな疾患の症状改善に有効な治療法として、最近注目されている。また、費用対効果も高く、経済的な先進医療技術としての期待も大きい。しかし、いまだ保険適用は承認されておらず、臨床現場での普及には障壁も多い。1989年、日本で初めて温熱療法を開発した鄭忠和氏が、同療法の効果や臨床導入への問題点について解説した。   温熱療法の始まり 1989年、鄭氏は鹿児島大学...

……続きを読む

日本には高度な医療機器を駆使するだけの高い医療技術があるにもかかわらず、機器の開発から承認までにかかる期間は、欧米に比べかなり長い。ここ数年、厚生労働省でもこの問題を解消するためさまざまな取り組みを行っており、医療機器の承認審査の合理化、効率化を図っている。現在日本が抱える審査過程の問題点と今後の方針について、行政の立場から山本弘史氏が解説した。   薬事法による医療機器の規制の...

……続きを読む

日本の医療機器審査の遅れについて 山口(座長)日本の承認審査の遅れを解消する一つの策として、欧米との国際的な同時臨床試験の話が出ましたが、その点についてご意見を伺いたいと思います。 山本 治験の段階から国際的な同時治験、同時審査を行うことは重要だと思います。現在はまだトライアルベースですが、ステントなどに関してそうした取り組みも行っています。もちろん、日本国内で治験、審査を実施するメリット...

……続きを読む

ご寄付のお願い