日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第4回日本心臓財団メディアワークショップ「高血圧診療のピットホール:家庭血圧に基づいた高血圧の管理」

メディアワークショップ

第4回日本心臓財団メディアワークショップ「高血圧診療のピットホール:家庭血圧に基づいた高血圧の管理」

本日は、ご多忙の中ご出席いただきまして誠にありがとうございます。本日のテーマは家庭血圧ということで、自治医科大学の苅尾先生にお話いただきます。心臓病や脳卒中は生活習慣を改めることによってかなりの部分が予防できるものです。しかし、そのためには市民の皆様のそれぞれの自覚と努力が必要です。そこで、市民との媒介の役目を担っているマスメディアの方々にこのような形の研修の場をご提供し、ここで得た知識を一般市民...

……続きを読む

心臓病や脳卒中のリスクである高血圧症。日々の血圧の変化は個人差があり、そのなかで、仮面高血圧や早朝の高血圧は非常に高いリスクを伴う。しかし、一般的にこれらの病態は患者自身、また医師にも認識されないままで放置されているケースが多いという。また、最近話題になっている睡眠時無呼吸症候群は夜間高血圧と関係があり、心血管病のリスクであると考えられている。苅尾氏は、これからの高血圧治療には、夜間・早朝を含...

……続きを読む

睡眠時無呼吸症候群の自覚症状と睡眠不足 会場:睡眠時無呼吸症候群といびきの関係について教えていただけませんか? 苅尾氏:無呼吸になり、再び呼吸するときにいびきをかくといわれています。 会場:睡眠時無呼吸症候群というのは診察ですぐにわかりますか? 苅尾氏:自覚症状も他覚症状もない人が多いのでなかなかわかりません。よく聞くのは、昼間の眠気や、朝方の頭痛、目覚めの悪さ、そして夜中に目が覚めるというこ...

……続きを読む

ご寄付のお願い