日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第3回「突然死救命への市民参加:AEDは革命を起こすか」

メディアワークショップ

第3回「突然死救命への市民参加:AEDは革命を起こすか」

私たち日本心臓財団は、昭和45年に設立され、血管や心臓に関わる病気の予防のための市民啓発を課題として活動してきました。このような病気の予防のためには、市民の方々のご理解が必要であると考え活動を行っていますが、これにはマスコミの皆さんの力が非常に重要です。  今回で3回目のメディアワークショップを開催させていただくことになりましたが、本日は「突然死救命への市民参加:AEDは革命を起こすか」とい...

……続きを読む

心室細動などの不整脈は、放置しておけば死にいたる。しかし三田村氏は、心臓突然死を救うには「いち早く電気ショックを与えることで、止まった脈を一発で元に戻すことができる」として、除細動の有効性を説明した。また、除細動を行うための機器である、自動体外式除細動器(AED:写真)を普及させ、一般市民による除細動を推奨することが救命率の向上につながることを訴えた。 【医療従事者以外のAED使用につい...

……続きを読む

自動体外式除細動器(AED)の航空機内への設置は、現在では一般的になり、その貢献度も高くなってきている。大越氏は、早くからこの必要性を痛感し、日本の航空機へのAED搭載を強く働きかけてきた。日本の航空会社では、いまだAEDを使った救命例はないが、大越氏の所属する日本航空では日々、客室乗務員へのAEDの教育を行っているという。大越氏は、その教育内容などの紹介を交え、航空機内での救命方法などを概説...

……続きを読む

これまで河村氏は、「お互いの命を守る社会つくり」というスローガンを掲げ、一般市民への「自動体外式除細動器(AED)と心肺蘇生法の普及活動」を積極的に行っている。活動の場は講演会や学校など多岐に渡り、多くの市民が参加している。いわゆる人命救助の心肺蘇生法は、すでに一般市民にも浸透しているが、同じくAEDを広めるために、河村氏が最も重要視しているのは学校教育の場だという。河村氏は、市民への啓発活動...

……続きを読む

右から:小川聡氏(座長)、三田村秀雄氏、大越裕文氏、河村剛史氏 【医療従事者以外のAED使用について】 講演者の発言内容は、本ワークショップ開催当時(2004年6月23日)のまま記載しております。このため、記事では、AEDは基本的に医療従事者のみ使用可能であることを前提としておりますが、その後、7月1日に厚生労働省から通達が出され、医療従事者以外の一般市民にも使用が認められています。 ...

……続きを読む

ご寄付のお願い