日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第20回「家庭血圧の世界基準を生んだ「大迫(おおはさま)研究」30周年記念~家庭血圧普及のこれまでとこれから。最新知見とともに~

メディアワークショップ

第20回「家庭血圧の世界基準を生んだ「大迫(おおはさま)研究」30周年記念~家庭血圧普及のこれまでとこれから。最新知見とともに~

この度、第20回日本心臓財団メディアワークショップを開催することになりました。日本心臓財団は、1970年の設立以来、40年以上にわたって循環器疾患の予防・啓発活動を続けています。このワークショップは、そうした活動の一環として、マスメディアを通じて循環器疾患のホットな話題を提供し、知識の共有に資することを目的に、定期的に開催されているものであります。 記念すべき第20回目は、「家庭血圧の世界基準を...

……続きを読む

高血圧は脳心血管疾患の最大の要因であり、正しい診断が重要となる。しかし、診察室で測定する血圧値は、白衣効果などによる変動が大きいという問題があった。大迫研究は、高血圧管理における家庭血圧の臨床的意義を確立した、国際的な評価も高いコホート研究である。大久保孝義氏は、30年にわたる研究で得られた家庭血圧に関する知見から、その優れた脳心血管疾患予測能力について概説するとともに、派生研究から得られた結果...

……続きを読む

大迫研究がスタートしたのは、今から30年前の1986年。今井潤氏は、当時の岩手県立大迫病院院長と同級生であったことから、住民の健康意識向上に関する取り組みに関して助言を求められ、「皆さんに家庭血圧を測ってもらってはどうか」と助言した。それが世界的に有名になった、この研究の端緒となっている。今井氏は、大迫研究および関連するHOMED-BP研究を解説するとともに、30年間で得られた知見を「今後過疎医...

……続きを読む

ご寄付のお願い