日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第15回「眠りとは?睡眠と循環器疾患」〜こわいのは睡眠時無呼吸だけではない〜

メディアワークショップ

第15回「眠りとは?睡眠と循環器疾患」〜こわいのは睡眠時無呼吸だけではない〜

2012年3月9日、日本心臓財団によるメディアワークショップが行われた。本年で15回目となる今回のテーマは「眠りとは?睡眠と循環器疾患~こわいのは睡眠時無呼吸だけではない~」。近年、睡眠障害は、不眠症、うつ病から循環器疾患、メタボリック・シンドロームなどまで、幅広い疾患に関わっていることが解明されつつある。開会にあたり挨拶に立った山口氏は、今回のテーマについて、「睡眠障害の治療は、睡眠の質やQ...

……続きを読む

社会生活の変化に伴い、日本人の睡眠時間は減少を続け、国際的にみても非常に短い傾向にあり、睡眠に関する問題を抱える人も多い。精神医学・中枢神経疾患と睡眠の関連を研究している井上氏は、睡眠のメカニズムと不眠症および不眠症と関連する疾患の病態について概説した。   睡眠のメカニズム 睡眠はレム睡眠と呼ばれる夢を生じる眠りと、ノンレム睡眠と呼ばれるそうでない眠りから成る。レム睡眠とノンレ...

……続きを読む

近年の疫学調査において、睡眠時間が循環器疾患の関連因子であるとする研究結果が蓄積されつつある。循環器内科医であり、睡眠障害の研究にも長年従事してきた塩見氏は、2000年に愛知医科大学病院において睡眠医療センターを設置。さらに、2008年には睡眠障害全般を専門に診る診療科として、わが国初の「睡眠科」(院内標榜)を開設し、診療を行っている。 講演で塩見氏は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を中心とし...

……続きを読む

  CBTIが保険適応となるには、認知度の向上が不可欠 山口 講演をお聞きして、不眠症に対して認知行動療法(CBTI)が重要であることがよくわかりましたが、わが国ではCBTIがまだ保険適応とされていません。これは、なぜなのでしょうか。 井上 睡眠医学において、この10年の研究で得られたもっとも大きな成果は認知行動療法の有用性だと思います。うつ病では認知行動療法が保険適応となったのが...

……続きを読む

ご寄付のお願い