日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第14回日本心臓財団メディアワークショップ「コール&プッシュ!プッシュ!プッシュ!」〜一般人による救命救急の今〜

メディアワークショップ

第14回日本心臓財団メディアワークショップ「コール&プッシュ!プッシュ!プッシュ!」〜一般人による救命救急の今〜

2011年2月23日、日本心臓財団によるメディアワークショップ「コール&プッシュ!プッシュ!プッシュ!~一般人による救命救急の今~」が行われた。開会にあたり杉本氏は、「現在、日本全国で自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator:AED)の設置台数は約27万台であり、AEDの普及率が向上してきたものの、一般市民によるAED使用の事例はまだ少ない」と、現状の課...

……続きを読む

近年、自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator:AED)が日本全国に普及し、院外で心停止した患者を一般市民が救命する場面が増えている。心肺蘇生法(CardioPulmonary Resuscitation:CPR)に関する新たな報告も多く発表され、2010年には「心肺蘇生法と緊急心血管治療のための国際ガイドライン」も改訂された。今回、長尾氏は院外で心...

……続きを読む

自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator:AED)普及に伴い、現在、院外心停止に対する救命処置の大部分は一般市民に委ねられている。したがって、院外で救命処置が適切に行われるためには、その方法をしっかりと一般市民に教育する必要がある。石見氏は、心停止患者に対する救命処置の教育・普及について解説した。   救命の主役は専門医ではなく一般市民...

……続きを読む

現場では可能な限り早い段階で胸骨圧迫を 会場 心臓が停止しているか否かは、呼吸の有無を確認すればよいのでしょうか。 長尾 心臓が停止した直後は、通常とは異なる呼吸があります。反応が無く呼吸が変であれば、直ちに胸骨圧迫を行うことが重要です。 石見 最新版の「心肺蘇生法ガイドライン」では、倒れた人を発見してからは可能な限り早い段階で胸骨圧迫を行うことの重要性が強調されています。実際には、心停...

……続きを読む

ご寄付のお願い