日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 家庭用心電計を上手に利用しよう > 家庭用心電計にはどんな種類がありますか

家庭用心電計を上手に利用しよう

家庭用心電計にはどんな種類がありますか

 市販されている家庭用心電計は多数ありますが、ここでは代表的なものを紹介します。
 ひとつは、機械が計測して記憶するものです。比較的安価です。メモリーカードに記録保存され、液晶画面で波形を確認することができますし、コンピューター上で心電図をプリントアウトすることもできます。異常があるかどうかは器械が自動判定してくれます。両手(Ⅰ誘導)または右手と左下腹部(Ⅱ誘導)で測定します。両手の親指を心電計に当てるだけで計測できるものもあります。脈拍数や動脈血酸素飽和度(SpO2)など他の計測機能がついているものもあります。機器の特性から不整脈の診断を主体としています。

 もうひとつは伝送機能をもつものです。薄型で持ち運びも簡単です。電話やインターネットなどで簡単にデータを送ることができます。所定の伝送先(コールセンター)に送るとすぐに自動解析された心電図とコメントがファクシミリまたはEメールで送られてきます。値段は前者より高価ですが、機器の特性から不整脈だけでなく狭心症などの虚血性心疾患の発見や医療機関との強い連携を視野に入れています。

 一般の方が購入できる主な家庭用心電計の種類(写真3)と仕様を表1に示します。

写真3

写真3

表1

表1 主な家庭用心電計の仕様
クリックすると大きくなります(PDF)

ご寄付のお願い