日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 携帯型心電計 > 心電図検査ってどんなものですか?

携帯型心電計

心電図検査ってどんなものですか?

皆さんは健康診断や病院などで、心電図検査を受けたことがありますか。ベッドに寝て電極を手足と胸の数か所につけて、器械が波形を出力するものです。その波形を医師や検査技師がみて、心臓に異常がないかどうかチェックします。これを12誘導心電図検査といいます。

心臓は微量の電気を周期的に発生していて、その電気が心臓の筋肉(心筋)に伝わることによって、収縮・拡張し、その力で全身に血液を送っています。心電図検査は、その電気の状態をチェックして、心臓が規則正しく動いているか、心筋に傷害がないかどうか、などを検査しています。12誘導心電図は、いろいろな場所に電極をつけることによって、心臓を前後左右上下いろいろな角度からチェックしています(写真1)。


写真1 12誘導心電図

手足と胸部にたくさんの電極とコードを取り付けて、いろいろな角度から心臓の電気現象をとらえて記録したものです。

ご寄付のお願い