日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > 携帯型心電計 > 計測した結果はどうするのですか?

携帯型心電計

携帯型心電計

予防医学的に自分で管理するときには、得られた成績のコメントを参考に自分で医療機関に行くかどうかを決めます。医療機関が使用するときには、イベント心電計や監視用心電計として医師の判断で使用します。

「いつでも、どこでも、だれでも」簡単に計測できる携帯型心電計ですが、予防医学的に自分の意志で使用してその結果を医師に見せるときに、ひとつ問題があります。

現在、日本の医療はパンク寸前と言われています。そのパンク寸前の繁忙な医師にとって、多くの心電図の波形を読み取ることは、かなりの労力が必要になるのです。

そのことを理解し、協力する気持ちをお願いしたいと思います。
主治医がいるときには、先生に相談して、了解を得た上で記録を取るのが一番です。

記録した心電図の成績を如何に活用できるかは、本人と医師との密接な連携が必要です。

私は患者さんに定期的な記録をしてもらうときには、下記のような表に自動解析の結果を記入していただいています。カードガード社製のものではG0~G5,GNに分類して、G0は「異常なし」、G3は「注意すべき所見あり」で、GNは「ノイズが多く判定不可で記録し直し」などと自動判定し、省力化を目指しています。オムロン社製ではAが「異常なし」に相当します。

例)

年月日

10年1月17日

10年1月18日

10年1月19日

10年1月20日

10年1月21日

時間

09:00

09:00

09:00

09:00

09:00

判定

G0

G0

G3

G0

G3

一般的にどの機種でも、「異常なし」の判定が出た場合は、ほとんど問題がないと考えていだたいてよいと思われます。それ以外の異常の判定では医師にみてもらう必要がありますが、ノイズが多いと誤った解析結果となるので、きれいな心電図の記録をとるように心がけてください。

そして、記録を保存しておくと、後で記録したものとの比較ができるので、異常の発見や経過観察に重要な情報が提供されます。たとえば不整脈の患者さんに上記のような表を記載してもらっておくと、不整脈の増減の経過がそこから読み取ることができます。

また、動悸など胸に異常を感じて計測した結果であれば、医療機関に持って行って、そのときの状況を説明しながら先生に見せてください。医師には貴重な情報となるでしょう。

図2,3に記録した心電図の実例を示します。

発作性上室頻拍の心電図

頻発する心室期外収縮の心電図

ご寄付のお願い