日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 子どもの心臓病について > 手術のリスク

子どもの心臓病について

手術のリスク

現在、子どもの心臓病手術の危険率はおよそ3~4%といわれています。重症だと約30%、軽ければ1%以下の死亡率です。

世界で初めて心臓手術が行われたのが1950年代ですから、まだ50年ほどの歴史しかありません。当初はよい器具も薬もありませんでしたが、ここ25年ほどでよい手術器具や強心薬が開発され、また手術の技術も向上して、飛躍的に成功率が上がりました。

早期に発見することができて、適切な時期に適切な治療を行えば、9割以上が完治します。複雑で重症の心疾患の場合は、段階的な手術が必要で、また100%のQOLを得ることは難しく、手術後も日常生活の制限が必要な場合もあります。

なお、心臓手術は再手術ほど危険率が高くなります。一度メスを入れた場所は癒着が起きて、出血も多く手術が難しくなるからです。ですから、心臓手術を数回行っている人は、心臓移植の適応にならない場合もあります。

小さなハートをつなぐ基金

ご寄付のお願い