日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 子どもの心臓病について > Q&A

子どもの心臓病について

Q&A

親が先天性心疾患の場合、子どもが先天性心疾患になる確率は高くなりますか。
はい。若干高くなります。心房中隔欠損症、大動脈弁狭窄症、肺動脈閉鎖症(平均3~4倍高くなります)が代表的です。
同胞内再現率(兄弟で同じ病気を持つ確率)も若干高くなります。
心室中隔欠損症、心房中隔欠損症、動脈管開存について、3~4倍高くなる成績が出ています。
妊娠中の風疹はどの程度、影響しますか。
母親がワクチン接種歴がなく未感染の時は、特に妊娠3カ月以内に罹患すると影響が大きいとされています。先天性風疹症候群には動脈管開存、肺動脈狭窄、心室中隔欠損症、心房中隔欠損症が合併しやすいとされています。
心室中隔欠損症で、自然に塞がる小さな穴は何ミリくらいですか。
何ミリとは決まっていませんが、2~3ミリ以下なら2~3年以内に4~5人に1人は自然閉鎖する可能性があります。
幼・小児期に弁置換手術をした場合、成長するにつれ、血管径の大きさが変わることで取り換える(再手術する)ことがありますか
はい。乳児で15~17mm、小児で19~23mm、成人だと27mmくらいの径の弁が必要になります。
年齢、体重によって、手術のリスクは違いますか
特に新生児~3カ月以内、未熟児のリスクは高くなり、1歳以上と比較して4~10倍になります。

小さなハートをつなぐ基金

ご寄付のお願い