日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 子どもの心臓病について > 後天性心疾患

子どもの心臓病について

後天性心疾患

生まれたときは健康でも、小さい頃に心臓病にかかることもあります。川崎病は幼い頃に発熱や皮膚が赤くなる原因不明の疾患ですが、川崎病に罹ると、心臓全体に血液を送る冠動脈に瘤ができることがあります。その瘤に血栓ができて冠動脈が詰まり、心臓発作を起こすことがありますので、定期的な診察が必要になります。
川崎病の患者さんは現在、1000人中4~5人います。川崎病が発見されて以来、40年間で24万人の人が罹患しました。冠動脈に瘤ができるのは、そのうち3~5%です。患者1万人のうち30~40人に、冠動脈疾患を起こす可能性の高い大きな巨大瘤ができています。そのような患者さんは血液が固まらないような薬を飲み続ける必要があります。狭窄に対しては、カテーテル治療や外科手術が行われる場合もあります。

不整脈を発症した場合も、治療する必要のないものから、ペースメーカなど小さな器械を身体に入れる治療を行う人もいます。
心筋症を発症した場合も、薬による治療から、心臓移植が必要な場合まで、症状はさまざまです。

小さなハートをつなぐ基金

ご寄付のお願い