日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 子どもの心臓病について > 先天性心疾患の数

子どもの心臓病について

先天性心疾患の数

およそ100人に1人は、生まれたときに心臓に何らかの問題を持っています。生まれたときから心臓に異常がある病気を"先天性心疾患"と呼んでいます。
原因は多くの因子が複雑に影響して起こるとされており、特定できないことがほとんどです。遺伝的な要因もありますが、90%以上がこれらの環境因子によるといわれています。多くの場合、原因は不明と考えてよいでしょう。
この30年ほど、100人に1人という確率は変化しておらず、生活環境や社会の様相の変化とは関係がなく、生命の誕生過程で起こるわずかな変化が臓器の発育と形成に異常を及ぼすと考えられます。
しかし、この100人に1人という数字は、元気に生まれてきた赤ちゃんの数です。彼らは生きる力があって生まれてきたのです(つまり出生してこられないで亡くなる胎児もいるということです)。

小さなハートをつなぐ基金

ご寄付のお願い