日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 子どもの心臓病について > 先天性弁膜疾患

子どもの心臓病について

先天性弁膜疾患

心臓には血流を調節する弁があります。右心房と右心室の間にある三尖弁、右心室と肺動脈の間にある肺動脈弁、左心房と左心室の間にある僧帽弁、左心室と大動脈の間にある大動脈弁です。

 

これらの弁がきちんと開かなかったり(狭窄症)、きちんと閉じなかったり(閉鎖不全症)すると、心臓に負担がかかり、やがて心不全になってしまいます。


生まれつきこの弁に異常がある人がいます。軽症の人は成長するまで、あるいは一生、治療する必要がありません。重症、すなわち動悸や強い心雑音など症状がある人は、弁を手術する必要があります。

日本人に多いのは僧帽弁狭窄・閉鎖不全症です。僧帽弁の形を整える形成手術や、形成できない時は弁を人工弁などに変える置換手術があります。
若いうちは心臓の活動が激しいので、人工弁を入れても早い時期に石灰化したり血栓ができたりします。そうなると再手術が必要になります。心臓手術は再手術ほど危険率が高くなりますので、最初の手術時期はできるだけ時期を遅らせる場合があります。そのために内科的治療や運動制限を行うこともあります。

小さなハートをつなぐ基金

ご寄付のお願い