日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > AEDで助かる命 > 倒れている人がいたら、どうすればよいですか?

AEDで助かる命 そこにAEDがあれば、そこに助けようとする人がいれば、助かる命があります。

倒れている人がいたら、どうすればよいですか?

1) 肩をたたきながら、大声で呼びかけてください。

 

2) 反応がなかったら、「誰か来て!」と大声で応援を求めて、すぐに119番に連絡してください。近くの人にAEDを持ってきてもらうよう頼んでください。

3) 胸とお腹の動きを見て息をしているかどうか確認してください。

4) 呼吸をしていないか、ふだん通りの呼吸でなければ、すぐに 心臓マッサージ(胸骨圧迫) を休まずに行ってください。

5) AEDが到着したら、すぐに胸を裸にして、電極パッドを貼ってください。(金属をはずし、ペースメーカなどの出っ張りがあればそこを避けて、濡れている場合はふいてから貼ってください)

6) AEDの音声による指示に従ってください。 AEDが心電図を解析しているときは、音声指示に従って倒れている人から離れてください。(誰かが体にふれていると、心電図の解析が正確に行われない可能性があります)


7) 電気ショックが必要と音声が指示したら、倒れている人の体に誰もさわっていないことを確認してください。

8) ボタンを押して、電気ショックをかけてください。

9) 電気ショックをかけたら、AEDの電極を貼ったまま、すぐに心臓マッサージを再開してください。

10) 2分後に、自動的にAEDが再度、電気ショックをかけるかどうか判断し、音声による指示があります。

11) 意識が戻ったら、倒れている人の体を横にして、楽にして救急車の到着を待ってください。AEDのパッドは貼ったままにしておいてください。

(イラスト:当財団発行「健康ハート叢書:人が急に倒れたとき より一部加筆の上、転載しました。)

メッセージビデオ あなたにしか救えない大切な命

AEDの普及状況

AEDに関するリンク集

AEDの設置基準の提言

提言「学校での心臓突然死ゼロを目指して」日本循環器学会AED検討委員会

PUSHプロジェクト

減らせ突然死AEDプロジェクト

AEDサスペンスドラマゲーム 心止村湯けむり事件簿
AED・心臓マッサージを楽しく学べるサスペンスゲーム(日本循環器学会)

AEDと心肺蘇生普及基金

ご寄付のお願い