日本心臓財団HOME > 日本心臓財団の活動 > AEDで助かる命 > 救急車を待っていてはだめですか?

AEDで助かる命 そこにAEDがあれば、そこに助けようとする人がいれば、助かる命があります。

救急車を待っていてはだめですか?

心室細動を起こすと、1分経過するごとに約10%、助かる確率が減っていくといわれています。救急車が現場に到着するまでの時間はおよそ6分かかるとされており、救急車を待っていたのでは助かる確率がかなり低くなります。119番に連絡するまでに数分かかったとすれば、さらに助かる可能性は低くなるのです。

しかし、AEDの登場で、人が倒れた場所の近くにこのAEDがあって、そこにいる人たちがすぐに操作をすれば、助かる可能性が高くなりました。

メッセージビデオ あなたにしか救えない大切な命

AEDの普及状況

AEDに関するリンク集

AEDの設置基準の提言

提言「学校での心臓突然死ゼロを目指して」日本循環器学会AED検討委員会

PUSHプロジェクト

減らせ突然死AEDプロジェクト

AEDサスペンスドラマゲーム 心止村湯けむり事件簿
AED・心臓マッサージを楽しく学べるサスペンスゲーム(日本循環器学会)

AEDと心肺蘇生普及基金

ご寄付のお願い